2011年2月25日

竹垣 建仁寺垣

鮮やかな青さ、迫力があります。
竹は太陽の下だんだんとあせた暖色へと落ち着きます。
風情のある通り。
長さ18mの建仁寺垣(両面仕上げ)の施工例。

割り竹。
竹は、お正月の時期になると門松で使われ入手困難に。
2月にやっと入荷。
鮮やかな青で綺麗な竹です。

胴縁は、職人さんが割きます。
竹を割く用の鉈を使っています。
※胴縁とは、水平に横に渡す竹材です。

(写真左)くり針。竹を結ぶ時に使う針です。
竹の隙間にくり針を滑らせ縄を通します。
職人さんは、2~3日結び続けます。

中側の写真。両面仕上げになっています。
倒壊予防として、柱は地中でモルタル固定し、控え柱でがっちり止めています。

胴縁は均等割にせず、バランスを変えたデザインにしました。
鎌倉の小道と竹垣。

竹垣、建仁寺垣は、蛭田造園へお任せください。

キーワード : ,